フリーローンの審査基準で重要な3つのポイント

今ではキャッシングやカードローンなど様々なフリーローンが人気ですが、
フリーローンを活用するには審査に合格しなければなりません。

フリーローンの審査に合格するためにもフリーローンの
審査基準で重要とされる3つのポイントをしっかりと覚えておくと良いです。

年収

審査基準における1つ目のポイントは申込者の年収になります。
これはとても単純で分りやすい仕組みであり、フリーローンの申込者は
年収が高いほど審査に合格しやすくなりますし、
限度額を大きく持つことができ金利は低金利になります。
年収が高いことで返済能力が高いと判断されるので、
年収に自信がない人は審査の合否にやや注意をしたいところです。

他社に借入があるか

フリーローンの審査基準の2つ目のポイントは他社の借金です。
申し込みをする時に様々な情報を金融会社に提出することになりますが、
その情報の中には他社において借金を持っているかどうか、
そして借金がある場合はどのくらいの借金の金額があるのかを
申告することになります。
借金は持っていないほうが審査で受かりやすくなりますし、
借金を持っている人の場合はその金額が少ないほど有利になってくる為、
申し込みをする時までに他社の借金は清算しておくほうが良いです。

信用度

最後に3つ目のポイントとして申し込み先の会社から
信用を得ることができるかどうか、これが重要なことになります。
この信用というのは言葉の通りなので、やや理解しにくいことかもしれませんが、
審査では信用をチェックする仕組みがあります。

融資を受けることが初めての方と比較して、金融業界で融資を受けたことがある方で、
今までに返済などでトラブルがあった人はその情報が記録として残っているので、
もしそれに該当する人なら自然と信用は落ちていることになります。
逆に何も問題がない人はしっかりと金融会社から信用を得る事が出来ます。

ちなみにクレジットカードの利用履歴や、これまでに利用した目的別ローンなども、
利用者の情報として扱われます。最近では携帯電話の料金をクレジットカード払いにしていて、
遅延の履歴がある場合などもありますから注意が必要といえます。

このようにフリーローンの審査基準では3つのポイントがとても重要なので、
これらの点をしっかりと覚えておくと良いです。

関連記事:キャッシング審査時の他社借入(多重債務)について

フリーローンとは?どんな金融機関が提供しているの?

比較的審査が寛容なフリーローンとは何?という方へわかりやすく説明しますとフリーローンの「フリー」とは、どういった目的に使っても良い目的が自由という意味合いを持つローンです。但し例外もあり個人が使うお金としての目的でなければいけません。

事業や会社の経費としてフリーローンの活用は原則としてできません。但し、これはローン会社が明記しているだけであり、事実上は個人が100万借りて個人事業主や会社の経営者が会社のお金として使ってしまったら取り締まることはできませんよね。まあそこは自己責任ですが、返済は個人から金融機関という流れになるので問題は無いのでしょう。

フリーローンという呼び方よりもカードローン、キャッシングというサービス名をつけている業者がほとんどですがその商品が個人向けで利用用途自由ならそれは立派なフリーローンです。消費者金融であれば、アコム、プロミス、モビット等など大手から中堅で有名どころだとフクホーなどでしょうか。銀行も三大メガバンクのみずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJなどがフリーのカードローンを提供しています。

また以外に知られていない「ろうきん」でもフリーローンが提供されています。労働者の方であれば借入れ資格があります。

ろうきんに関しては審査基準が多少異なるでしょうが、ほかの金融機関に関しては上記で説明している3つが審査の重要ポイントであることに変わりはありません。銀行や消費者金融のどこがいちばんかは目的や借入する方の状況によっても変わってくるのでここでは言及を控えますが、大手のサービスであれば、フリーローンはそこまで大きな差はないと考えていいでしょう。