お金を借りる前に働いてください

そのキャッシングの目的は?で借りてはいけないケース
を説明したとおり、お金は残念ながらお金を持っている人しか
借りることが出来ないという、本質的にはですがそういった矛盾があります。 本質的にというのは、本当はお金がない人のほうが借りたいのにという 意味になります。

これは物事が成り立つかどうかという考えに尽きると思います。
貸す側だってそれは理解しているでしょうし、貸して100%お金が返って
くる保証があれば全然気にせず貸すでしょう。あでも法律的な面もあるので
そうもいかない場合もあると思いますが。

それましたが働きましょう
根本的に働かないといけないと思います。
お金は働かないと当然ですが稼ぐことができません。
どうぞなぜ働いていないのか?を一度考えてみてください。
どうして今借金があるのか?

馬鹿にしているように聞こえたら申し訳ありませんが
お金に困っている方の特徴として考える時間に余裕がなかったり
考えることをしないという方が多いと思います。
でも、それは誰にだって陥る可能性があることだと思います。
お金でなくとも環境だけのせいにしてはいけませんが、人生は
目の前の出来事に対してどう行動するかの積み重ねだと思います。
判断なんて結局運というところもあると思います。

何かの歯車が狂った時に借金苦になっている方だって
この日本には大勢いるでしょう。

だから一度なぜ今そうなったのかを見つめなおしてはいかがでしょうか。
答が見えてくるかもしれません。
そして是非最初の一歩の働くということを検討しましょう。