キャッシングの審査と年収の関係

キャッシングする際には当然審査があります。当たり前ですが、
返済できそうにない人には貸してくれません。
そこで一つの基準として、年収による審査をしています。
基準は他にもありますが、当ページでは年収について細かくみていきます。

当たり前ですが、融資額に対して、返済可能かどうか
判断する基準として年収は重要ですね。
例えば年収300万円で1000万借りたいと言っても借りれないわけです。
年収ののうち、生活費などを除いてどれくらい返済できるのか、
そういった事を審査して融資の可否が決定されます。

年収が多いに越したことはないのですが、
少ないからと言って借りれないわけではありません。
基本的には安定収入がある方であれば大丈夫です。

だだし、借入できる額は年収によって変わってきます。
聞いた事があるかと思いますが総量規制によって年収の3分の1まで借りることができる。

総量規制の例

年収900万円 → 融資限度額は300万円
年収600万円 → 融資限度額は200万円
年収300万円 → 融資限度額は100万円
年収180万円 → 融資限度額は60万円

という具合に変わってきます。
たくさんお金を借りたい場合、それなりに年収がないと借りれないのです。

借入額に差はあるものの年収とういか、安定した収入がある人であれば
キャッシングの審査は通ると思います。

ただし、気をつけなければいけないのは、安定した収入がある方でも、
他社で借入を行っている場合は話が違ってきます。
他社での借入状況によっては借入できないこともあるので注意が必要です。

年収の3分の1と説明したのですが、他社借入がある場合は合算する形になるので、
あくまで総額が3分の1までとなります。 1社毎ではないので。。。気をつけましょう。

年収300万円の場合
融資限度額は100万円 = A社の借り入れ + B社の借り入れ + C社の借り入れ

総量規制は貸金業法による規制

とここまで総量規制について書いてきましたが、
この規制が適用されるのは貸金業法に則って営業を行っている金融機関、
具体的にいえば消費者金融や信販会社などのクレジットカードのキャッシングなどが該当します。

ですのでクレジットカードのキャッシング枠で借りている分も
1社分に相当しますから、消費者金融での借り入れが初めてでもクレカで借りているという方は
この分も合算となります。

そしてよく聞かれるのが、銀行での借り入れは総量規制の対象外。
これって銀行だけなんか特別なのか?とも思ってしまいがちですが、
そもそも銀行は銀行法によるさまざまな決まりに基づいて営業している金融機関です。
貸金業法での規制ははなから無関係であるということです。
だからといって銀行なら年収に関係なく借りられるということではなく、
当然、年収に見合った借り入れであるかどうかの審査があります。

また、この総量規制という大枠があることも、
消費者金融の迅速な審査に一役買っている面があるといえます。
細かな審査はもちろん行われますが、まずは総量規制という大きな枠組みで、
融資が可能かどうか篩いにかけることができるため、
後々の審査をある程度簡略化できるというわけです。