キャッシングの仮審査と本審査

キャッシングの即日で○○!という言葉の
落とし穴をご存知でしょうか。
落とし穴というかちょっと意識して気をつけてほしい点になります。
それは審査と発行と借入が即日でできるものとできないものが
あるよというところです。
目的がキャッシング 300万円借りれる?の300万円の大口の場合は
そもそも即日で借りるとは考えていないので良いのかと思いますが
5万、10万円くらいをその日に借りたい方は参考にして下さい。

まず審査について

審査に関して言うと、即日中の審査は基本どの業者も
当たり前の時代です。
ですが、たまにやっていないところが悪いわけではないということも
しっておいてください。 厳正なる審査をしてくれるので逆に目的によっては良い業者だったりします。

その中の仮審査と本審査って?

そこで審査に無事とおった!と喜んでいる方も
多いようです。それは仮審査ではないでしょうか。
仮審査とは、その名のごとく、仮の審査です。

一般的にいうと、年収、お住まいなどの情報だけで
貸すことができる人物なのかの審査をします。
例えば、年収に対して他社借入額が大きすぎる場合。
消費者金融や信販系であれば総量規制の範囲内でなければならず、
銀行であれば総量規制は関係ありませんが、
年収とのバランスがあまりにも・・・な場合には仮審査でもNGになるでしょう。

要は、その業者さんにとって人物的な判断を除いた
数値上のものだけで判断をするということになります。
仮審査はネットなどでお申込みすると大体がその日中に
審査通過などのお知らせが来ると思います。

ここで意外と不安になるのが、あれ仮だからもしかしたら
審査落ちすることってあるの?という点だと思います。
ですが、それに関しては管理人的な見解をいうとほぼほぼ
大丈夫とおもってもらってよいのかなと思います。

本審査に通らない人と言えば以下のような人だと思います。
・借り審査で虚偽の年収を書く
・借入をしているのにしていないと嘘をつく
・連絡がとれない

特に他社での借入れがある場合には、
本審査においては必ず個人信用情報を照会します。
この時に借入れ額について虚偽の申告をしていれば、確実にわかる仕組みになっています。

嘘をついてまで借りたいという人には貸したくないのは当たり前のことですね。
お金を貸すのですから、最低限のマナーが悪いという人には
貸すことができないでしょう。

今キャッシングとかローンとかは本当に当たり前
すぎて、借りる側がTHEお客様になってしまうことがあると思いますが
そこは、一応取引になるわけですから最低限のマナーは守りましょう。